サイトメニュー

部分痩せができる

男性医師

手術前にイメージする方法

小顔になる方法として最もよく行われているのが、顎の骨を削って骨格から小さくする方法です。この方法は皮膚を切開して骨を削るという手術が必要になるために気軽に行うようなものではありませんが、効果の大きな手術です。小顔にする方法には色々なものがありますが、どれだけ余分な脂肪を取り除いたとしても、骨格が大きければ顔の大きさを小さくすることはできません。そのため、最終手段とも言えるものがこの手術だと言えるでしょう。顔の大きさは全身のスタイルにも影響しており、スタイルが良くても顔が大きいことでバランスが悪くなることもあります。スタイルを良くするためにダイエットを行う人が大勢いますが、体は細くすることができても顔だけは大きいままという悩みを持つ人もいます。骨格を変える手術を行うメリットは顔だけを小さくすることができ、部分痩せの効果を出すことができることです。自己流で体重を落とすことはできても、小顔になる方法を成功させることは簡単にはできません。これに対してクリニックでの治療では骨を削る施術以外にも脂肪を溶かす薬剤を注入するなど小顔にする施術を同時に受けることができます。必要以上にダイエットをしてしまうと必要な部位の脂肪まで落ちてしまい、スタイルが悪くなってしまう恐れもあります。そのため、部分痩せをすることは非常に難しく、通常のダイエットでは難しいと言われています。クリニックでの治療ならば、その部分痩せが無理なくできるということで人気が高まっています。また効果が確実にでるという点も人気がある理由のひとつでしょう。クリニックを利用して小顔になる方法を試す時には、どんな状態の人でも行うことができますがダイエットをしてからだと効果をしっかりと出すことができるでしょう。からだに脂肪がたくさんついている状態で小顔にすると、全身のバランスが乱れてしまうことがあります。そのため、できる限りダイエットを成功させてから小顔になる方法を行うと希望の姿に近づくことができます。ダイエットはクリニックで指導を受けて行うこともできますし、脂肪吸引などの施術を受ける方法もあります。色々な方法があるので相談をしてみると良いでしょう。小顔にする方法を受けるのであれば、全身のスタイルを整えてから、そのバランスを見て行うと最終的に最も美しい姿にすることができます。また小顔になった時にどのようなイメージになるのかを見てみたいという時にはボトックス注射をしてみるという方法があります。これはエラが張っている部位に薬剤を注入して小顔にするという方法です。薬剤の効果は数カ月限りのものなので、これを試していまひとつだという印象だった場合には小顔になる方法を行うかどうかを考え直すということができます。ただしボトックスは骨を小さくすることはできない施術なので、骨を削る手術はボトックスよりも効果が大きいという特徴がります。ボトックスを受けてみて小顔にするとメリットが大きいと思えた時には迷わず骨を削る手術を受けることができるでしょう。元の状態に戻すことはできない手術なので、もしも不安が大きいという時にはボトックスを使って予行練習をしてみるとイメージしやすくなります。